ハラダ歯科医院ブログ

  • commen_img04.jpg
  • メールはこちら

2018.11.14更新

こんにちは!ハラダ歯科医院です。

ご無沙汰しております。
11月に入り、いよいよ冬が近づいてきました。
季節の変わり目は風邪をひきやすい季節ですね。風邪の菌はお口からも入ってきます。
なので、お口の中を綺麗に保つことは虫歯予防だけでなく風邪予防にも繋がります。
また、朝晩冷え込むので暖房をつけることが多くなってきますので乾燥予防=風邪予防になり、歯周病予防の効果はもちろんうがい薬は殺菌効果に優れているので、この時期はとくに風邪予防に最適なんです。うがいをするだけでお口の中をスッキリさせたり、潤わせてくれるのでとても大事なんです。
皆様、体調管理にお気を付けくださいね。



pic20181114172948_0.jpg

投稿者: ハラダ歯科医院

2018.09.11更新

ご無沙汰しております。ハラダ歯科医院です。(*'U`*)

今日は晴れ間ものぞいていますが、連日の雨に『秋の長雨』と言う言葉を思い出しました。

秋の長雨は夏の終わりと秋の訪れを知らせる雨のことを言うそうで、今のこの時期にピッタリの言葉です。気温も下がって、肌でも秋の訪れを感じますね。

食欲の秋ともいわれますがたくさん食べるためには丈夫な歯が大切です。おいしいものがたくさんありますよね(^_^)おいしいものを食べた後はしっかり歯磨きをして綺麗なお口を保ちましょう(^_-)-☆



pic20180911103225_0.jpg

投稿者: ハラダ歯科医院

2018.07.24更新

ご無沙汰しております。ハラダ歯科医院です。

全国的に猛暑が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

梅雨明け前は台風と豪雨と続きました。

西日本豪雨でお亡くなりになられた方にご哀悼の意を捧げます。

また、被災された皆様に深く心からお見舞い申し上げます。

北九州でも短時間のうちに起こった被害を目の当たりにし、衝撃を受けました。

被災地の1日も早い復興を心より祈っております。

なお、紫川の氾濫注意報の警報は鳴りましたが当院は幸いに被害等は一切ございませんでした。ご心配して頂きありがとうございました。

西日本豪雨の後に今度は猛暑続きで体調を崩しやすい人も多いのでしっかり管理することも大事です。特に熱中症には十分に気を付けて、こまめに水分をとり体を休めることも必要ですね。

投稿者: ハラダ歯科医院

2018.05.01更新

こんにちは。ハラダ歯科医院です。(○゚ε゚○)

GWは最大のところで9連休にもなるそうですが、皆さん、どのようにお過ごしになりますか?

ハラダ歯科医院は3日(木)から6日(日)までお休みをいただきます。

素敵な休暇をお過ごし下さい。

 



pic20180501120732_0.jpg

投稿者: ハラダ歯科医院

2018.04.02更新

こんにちは。ハラダ歯科医院です。( ´艸`)

4月です。新生活、新年度のスタートです!!

今年は天候に恵まれ、桜は開花が早く満開です。

今週の九州はかなり暖かくなるようなので寒暖に気を付けて下さいね。

さて、ハラダ歯科医院は去年の8月に開院30周年という大事な節目を終え、先月は院長の生誕70周年の古希を迎えました。

院長はまだまだ元気です!!私たちもフレッシュな気持ちでまた一からスタートです!!

皆さまにエールを送る気持ちが伝わる笑顔でお迎えできるよう頑張りたいと思います!(`_´)ゞ

今年度もハラダ歯科医院をどうぞよろしくお願い致します。



pic20180402090002_0.JPG



pic20180402090002_1.JPG

投稿者: ハラダ歯科医院

2018.03.23更新

こんにちは。ハラダ歯科医院です!!

糖尿病と歯科の関連についての説明です。

糖尿病の合併症の一つは歯周病です。糖尿病の方は、体内の防御反応が低下するため感染症にかかりやすくなります。これは細菌感染が原因になる歯周病も当てはまり、健康の方に比べて約2倍以上も歯周病になるリスクが高いと言われています。その際、悪化して重症化してしまう場合もあります。糖尿病の方の歯周病は悪循環を招くのです。

では逆に歯周病菌が糖尿病を悪化させる理由は歯周病菌は腫れた歯肉から血液中に紛れ全身を巡ります。通常、血液に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸が持つ内毒素は生き残るため血糖値に悪影響を及ぼすのです。この内毒素は、脂肪組織や肝臓からTNF-α(炎症性の特殊なたんぱく質)を作りだします。これがインスリン(血糖値をコントロールするホルモン)の働きを妨げるのです。また、生活面でも歯周病は糖尿病を悪化させます。

【歯周病が招く糖尿病悪化の過程】

①歯周病が進行して、歯ぐきが腫れたり歯がグラグラするようになる

➁噛む痛みや歯が抜けることで噛む力が1/4~1/6程度に低下する

➂噛めないから、軟らかいものを好むようになる

軟らかいものは糖質や脂質が多量に含む上、噛むことで得る満腹感が少ないため早食 い、大食いになる→栄養状態が悪化→糖尿病が悪化する

④噛めないから、噛まずに飲み込んだりするようになる

  噛まないことで、口の中の刺激が減り唾液量が減る→唾液による抗菌作用が減り、口内の細菌が増える→歯周病や虫歯が発生、進行しやすくなる

上記で糖尿病の方が歯周病になるリスクについてご説明し歯周病と糖尿病の治療は連動することが分かりました。歯周病の治療をすることで血糖値のコントロールに改善が見られることも報告されています。特に2型糖尿病の方に関しては、歯周病治療によってインスリン抵抗性が改善することなどが報告されており、糖尿病の方の歯周病治療が重要であると認識されてきています。決して諦めずに歯周病治療に取り組むことは、糖尿病による悪循環から抜け出す手立てなのです。

 歯周病と糖尿病についてご理解いただけたでしょうか。
歯医者さんは口腔内の変化をみる事のできるプロです。口腔ケアも自分一人できちんと行うのは難しいと言われています。定期的に歯科医を受診し、生活習慣も含め口腔内のケアを受けるようにして下さい。

それに伴い、糖尿病連携手帳というものご存知ですか?

これは日本糖尿病協会が作っているもので、内科、眼科、歯科などのかかりつけの各医療機関で患者様の糖尿病の状態などを把握しやすくするものです。手帳を見ればある程度全身状態がわかるので、内科に毎回問い合わせしなくても済むので便利です。特に糖尿病では「糖尿病網膜症」や「歯周病」などさまざまな合併症を発症する可能性があります。そのため、それぞれの専門医の先生方との連携は必須です。

では実際のところはどうでしょうか?
「連携」まではいかなくても定期受診を促すような活動はなされているのでしょうか?? 

医師からの歯科への紹介の現状はまだ低く、さらに患者さんの視点では眼科科の定期的な検査を受けるべきであることをかなりの患者さんがご存知でが「歯科」へは知らない方が多く、患者さんの中には歯科と医科は別物と考えている方も多いかもしれません。半数以上の人が、歯科を受診していても糖尿病の医療スタッフに対してその受診結果を伝えることはないそうです。一方、医療者も多くの場合、「歯周病」の有無や既往については患者さんの申告のみを頼っているのが現状です。

歯科、眼科の定期検査結果を記入するページ合併症の解説ページに歯周病の解説が掲載などされています。このように少しずつではありますが、歯科・医科連携を進めるための取り組みを進めているようです。

糖尿病連携パスとは糖尿病患者さんが円滑に質の高い糖尿病診療が受けられるよう、「かかりつけ医」・「かかりつけ歯科医」・「かかりつけ眼科医」が連携して診療を行う仕組みです。

ハラダ歯科医院は院長が糖尿病登録歯科医師で副院長が歯周病専門歯科医師です。

こちらの手帳をお持ちの方は来院時に持参してに提示して下さい。処方薬の内容が分かるお薬手帳や説明書も一緒に持参して下さい。



pic20180323165315_0.jpg



pic20180323165315_1.png



pic20180323165315_2.gif

投稿者: ハラダ歯科医院

2018.01.12更新

こんにちは!U。・x・)ノ ゚.+:。ハラダ歯科医院です。

ここ数日寒波で今日は北九州も積雪しましたね!!その状況でも来院して下さいました患者様には感謝です。

今日は治療を途中で中断した場合についてお話したいと思います。症状や治療内容によっては、治療回数が多くなると『痛みが無くなった!』『通う時間がない』などの理由からつい通院が面倒になってしまうことがありませんか??しかし、治療を中断するとリスクが増大するばかりで、痛みが再発したり、症状が悪化したりすることになります!!!

治療を途中で中断するとこんなリスクが出てきます。

『歯の神経を取った後に放置すると』

歯の神経を取った後や根の治療をしている場合は、中断すると歯茎が腫れて膿んできたり、歯の内部の抵抗力が弱いため歯が折れるなどの症状が進行することがあります。また歯の根の治療は治療回数が多くなり、通院が長くなります。中断してしまうと、さらに症状を悪化させてしまい抜歯になってしまうかもしれません。

 『被せ物などの型を採ったままにすると』

歯の型を採った後、被せ物をする前に中断してしまうと、被せ物が合わなくなったり、削った部分に虫歯ができてきたりします。

『 仮歯のまま放置すると』

仮歯は一時的に見た目や噛み合わせを回復するもので長期間の使用に耐えられるだけの強度がなく、期間が経つと仮歯がすり減ってきたり、割れたりすると中で虫歯になったり歯が寄ってきたりすることもあります。

『 抜歯後にそのまま放置すると』

抜歯後は歯が無くなったスペースに隣の歯が傾いてきたり、噛み合う歯が伸びてきたりするため、噛み合わせや歯並びが乱れてきます。

 このようなリスクを避けるために、治療はきちんと最後まで通うことをお勧めします。

 



pic20180112162659_0.gif

投稿者: ハラダ歯科医院

2018.01.04更新

明けましておめでとうございます。d(●・ω・)b゙

今年の診療は本日より始まっております。
ご挨拶が遅れましたことをお詫びしますと共に今年1年も昨年と同様にどうぞ宜しくお願い致します。



pic20180104085603_0.JPG

投稿者: ハラダ歯科医院

2017.12.28更新

こんにちは。ハラダ歯科医院です。(。・艸-。)

今年の診療も今日で終了します。1年間皆様に支えられ、無事に診療を終えることができました。感謝致します。
新年は、1月4日より診療致します。
それでは皆様、良いお年をお迎えください。来年も宜しくお願い申し上げます。



pic20180104085351_0.jpg

投稿者: ハラダ歯科医院

2017.11.20更新

こんにちは。ハラダ歯科医院です。(○゚ε゚○)

北九州でも急に冷え込み、寒くなってきましたね‼

皆様、体調管理にくれぐれも気を付けてください。

さて、そんな中、小倉駅に大きなツリーが登場し街中もハロウィン一色からクリスマス一色に。。。

そこで当院でもひと足早く毎年恒例のクリスマス仕様にしました♪

院内のあちこちにサンタさんが皆様を待っておりますのでぜひご覧になりに来てください。



pic20171120123016_0.jpg



pic20171120123016_1.jpg

投稿者: ハラダ歯科医院

前へ
  • 24時間いつでもご相談ください メールでのお問い合わせ 診療時間 9:00~13:00 / 14:30~18:30 木曜午前は9:00~12:00 休診日 木曜午後 第1・3土曜 日曜祝日
  • commen_img03_sp.png
  • 24時間いつでもご相談ください メールでのお問い合わせ 診療時間 9:00~13:00 / 14:30~18:30 木曜午前は9:00~12:00 休診日 木曜午後 第1・3土曜 日曜祝日
  • facebook
  • facebook